1. TOP
  2. イベント・ニュースリリース
  3. [イベント]6月5日(日) 第9回全国医師連盟集会のご案内

イベント・ニュースリリース

[イベント]6月5日(日) 第9回全国医師連盟集会のご案内

 来る6月5日(日)午後1時から、東京都JR四ツ谷駅前の「主婦会館プラザエフ」で、第9回全国医師連盟集会を開催します。

========================

第9回全国医師連盟集会

「2025年、医師は本当に余るのか?」
ー勤務医の教育環境、労働環境、医療の質を改善するために今から何をすべきか。ー


 昨年来、厚労省内で、「医療従事者の需給に関する検討会」が開催され、6月に中間とりまとめを行う予定とのことです。
 しかし、第4回検討会で配付された資料では、現状からは大きくかけ離れた数値が飛び交っています。

     ・女性医師の卒後12年目での就業率を、73.4%としています。
     ・卒後50年目(70歳台)の医師の就業数を約50%としています。
     ・30〜50歳代の男性医師の平均労働時間を54.4時間/週としています。

このような数値を基に医師数の増減に関する試算を弾き出すことに意味があるのでしょうか。30年以上前から、医師が余る余ると言い続け、余ったためしが今までにない厚労省推計です。
 病理医、法医、産業医、法務医官など、現在不足している分野のこれからの必要医師数を、厚労省はどう考えているのでしょうか。都市部と地方では人口構成も大きく異なります。

 これまでの議論に欠落している非常に大事な視点は、医師の過重労働対策が全く盛り込まれていないことです。第9回全国医師連盟集会では、医師の過重労働(特に長時間連続勤務)という視点から今後の医師数に関する議論を深めます。

 皆様方のご参加をお待ちしています。

     日時:平成28年6月5日午後1時〜
     会場:主婦会館プラザエフ(JR四ツ谷駅前、東京都)
     主催:一般社団法人全国医師連盟

     演者:中島恒夫    (一般社団法人全国医師連盟代表理事)
        佐々木司先生  (財団法人労働科学研究所)
        近森正昭先生  (近森病院 透析外来・臨床工学部部長)

     参加費用:2000円(資料代)
     事前申込:https://ssl.form-mailer.jp/fms/13ff9ef5298835

2016年05月24日 全国医師連盟

全国医師連盟グッズ
イベントのお知らせ
メディアの方へ
おすすめリンク
リンク集
全医連メルマガ(無料)申し込みフォーム
Loading