1. TOP
  2. イベント・ニュースリリース
  3. [イベント]平成26年2月9日「第3回医療事故調シンポジウム」開催

イベント・ニュースリリース

[イベント]平成26年2月9日「第3回医療事故調シンポジウム」開催

 全医連は、これまでにも「医療事故調シンポジウム」を2回開催しました。
(http://zennirenn.com/news/2013/01/post-48.html)
(http://zennirenn.com/news/2013/02/201220.html)
その後、様々な団体が厚労省案事故調になびいています。厚労省の描いている医療法改正案が、既に既定路線となってしまった感もします。

 全医連は、この夏に「医療事故調」に関するアンケートを各学会や、複数の医療系団体に送付しました。
(http://zennirenn.com/news/2013/08/post-55.html)
11団体から回答を得ました。回答のあった団体は、証言の取り扱い方については内容が一致していました。
(http://zennirenn.com/news/2013/11/10.html)
それなのに、厚労省案になぜ賛成するのでしょうか。

 今回の医療法改正でも、医療事故調に関して、刑事司法との切り離しが未だに明言されていません。このままでは事故調査報告書に「何がどう悪い」といった処分評価が記載されるでしょう。「処分」を念頭に置いた事故調査である限り、医療従事者の立場としては、事故調で「黙秘権の行使を推奨」するしかありません。このようなに拙劣な制度設計では、結果として、真実の追求には程遠いものになるでしょう。

 全医連は、「真相究明・再発防止」と「処分・補償」が相容れないことを繰り返して主張してきました。これからも
(1)事故調査を先行させること
(2)証拠品の管理
(3)主観的証言の訴訟への流用禁止
(4)業過罪の廃止
を、繰り返して主張し続けていきます。

 そこで、平成26年2月9日(日)午後、「第3回医療事故調シンポジウム」を開催します。万障お繰り合わせの上、ご参加いただきますようお願い申し上げます。
======================
第3回医療事故調シンポジウム
〜事故調査と刑事・民事訴訟の関係性について〜

日時:平成26年2月9日13:00〜16:30(17:00〜:懇親会)
会場:主婦会館プラザエフ(JR四谷駅麹町口から徒歩1分)
   http://plaza-f.or.jp/?page_id=2565
参加費 :2,000円
懇親会費:5,000円
(学生、報道関係者無料)
申 込 :https://ssl.form-mailer.jp/fms/edec5b92279891

シンポジスト
・大磯義一郎先生(浜松医科大学医療法学教授)
・井上清成弁護士(井上法律事務所)
・満岡 渉先生(満岡内科・循環器科院長・諫早医師会副会長)
・新田清明先生(全国医師連盟副代表)

20140209_医療事故調シンポジウム.jpg

2013年12月24日 全国医師連盟

全国医師連盟グッズ
イベントのお知らせ
メディアの方へ
おすすめリンク
リンク集
全医連メルマガ(無料)申し込みフォーム
Loading